2005年10月12日

鳥取県で人権侵害救済条例が成立

思いっきり違憲だと思うんですけど。

人権条例が成立、人種差別・虐待などから救済・鳥取県
人種差別など人権侵害からの救済や予防を掲げる鳥取県人権侵害救済条例が12日、県議会で可決、成立した。都道府県が全般的な人権侵害救済を目的に独自の条例を制定するのは初。県弁護士会などは恣意(しい)的な運用を懸念している。採決に先立ち、片山善博知事は「運用を間違えれば人権侵害が起こるので、議会やマスコミがチェックしなければならない」と答弁した。

 来年6月1日に施行され、2010年3月までの時限条例。人種差別や虐待、名誉や社会的信用を低下させるためのひぼう・中傷、セクハラなど8項目を禁止している。

 県は5人の非常勤委員で構成する委員会を設置。被害者の救済申し立てなどを受けて調査し、加害者に是正勧告などを行う。正当な理由なく従わない場合は、氏名などを公表する。

 加害者は正当な理由なく調査協力を拒むと、行政上の罰則(5万円以下の過料)が科される。ただし行政機関については、犯罪の予防、捜査などに支障があると当該機関のトップが判断すれば、協力を拒否できる。

平成十七年九月定例会 議員提出議案 / 鳥取県議会ホームページ
(救済の申立て等)
第17条 何人も、本人が人権侵害の被害を受け、又は受けるおそれがあるときは、委員会に対し救済又は予防の申立てをすることができる。

 2 何人も、本人以外の者が人権侵害の被害を受け、又は受けるおそれがあることを知ったときは、委員会に対しその事実を通報することができる。
 3 第1項の申立て又は前項の通報(以下「申立て又は通報」という。)は、当該申立て又は通報に係る事案が次のいずれかに該当する場合は、行うことができない。

  (5) 申立て又は通報の原因となる事実が本県以外で起こったものであること
    (人権侵害の被害を受け、又は受けるおそれのある者が県民である場合を除く。)。

鳥取県民のみが装備できる無敵の盾と最強の矛か('A`)

何が凄いって鳥取県の条例であるにも関わらず、人権侵害の名の下に他県の人間を断罪できるのが凄い。まるで特定団体の人たちのために作られたかのような素敵な条例だネ!…褒めてるんですよ?念のため。

条例が施行されるまでの間に鳥取県の人口が急激に増加したとしても別に驚きません。



鳥取県出身の友人に「鳥取と島根の位置を間違えたらアウト」と言われたんだけど、冗談に聞こえないから困るお。


posted by プエル at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
緊急企画「鳥取県民の扱い方」講座

1.砂丘の話は飽きた。

2.梨の話も飽きた。

3.「鳥取県大栄町の小学校の図書室には『名探偵コナン』のコミックがあるって本当?」とか聞くとウケるかもしれん。
 
4.地元出身の有名人の話題になったら鳥取県民をスルーしろ!

5.右が鳥取、左が島根。

6.兵庫の隣が鳥取。

7.岡山の上が鳥取。

8.島根より短いのが鳥取。

9.5〜8を一つでも覚えておけば大丈夫じゃね?


※実家に帰省してた時、病院で
 男女共同参画推進のためのキモい標語が
 お経の様にビッシリ書き込まれた
 クリアファイル渡されてビビリました。
 あれは啓蒙というより洗脳だと思いました。
              
               終わり
Posted by sasser at 2005年10月13日 01:14
竹島の日を制定したのは島根ですが・・・うふふふ
Posted by funa at 2005年10月13日 02:10
Posted by プエル at 2005年10月15日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。