2007年06月19日

韓国の小学生の2割が「朝鮮戦争=日本が侵略した戦争」だと思っている

歴史が違うんだよ。

韓国の小学生2割「朝鮮戦争=日本が侵略した戦争」
 【ソウル=黒田勝弘】韓国現代史の最大の悲劇といわれる朝鮮戦争(1950〜53年)について、韓国の小学生の5人に1人が「日本が韓国を侵略した戦争」と考えていることが明らかになった。18日発売の韓国の有力月刊誌「月刊中央」7月号が朝鮮戦争57周年を機に実施したアンケート調査の結果として伝えたもので、同誌はその原因として最近の親北朝鮮的な学校教育と日本に対する相変わらずの敵対心を挙げている。

 同誌によると調査は4月から5月にかけソウルの7つの小学校で3〜6年の児童3660人を対象に行われた。

 その結果、朝鮮戦争が起きた時代について「現代」と正しく回答したのは46%で、過半数が李朝時代(14世紀末〜20世紀初)など、それ以前の出来事と答えている。

 また「誰がどのように引き起こしたか」という質問には72%が「北韓(北朝鮮)が南韓(韓国)を侵攻した」と正しく答えたが、一方で「日本が韓国を侵攻した」という回答が22%もあった。しかし北朝鮮や左翼勢力の主張である「南が北を侵攻した」は2%だった。

正確には歴史教育とDNAが違う('A`)y-~~~

22%という数字は正直少なすぎる印象を受けるのですが、小学校3〜6年生だけが対象のアンケートではこんなものなのだろう。この子達が中学高校で学ぶ本格的にコリエイトされた歴史と、ネットなどで見ることができるであろうコリエイトされていない歴史との矛盾に気づいた頃にもう一度アンケートを取ってみたい。
自己防衛本能と、学んできたウリナラの歴史の矛盾と、刻み込まれてきた恨の果てに一体どのような回答をするのだろう。

2割より少なくなるのか、10割を上回る勢いになるのか。


…まぁ日本も教育に関しては偉そうなことは言えないのですけれど。

 興味深いことは、朝鮮戦争は李朝時代に起きたと回答した児童の51%が「日本が韓国に侵攻」と答えている。これは朝鮮戦争と、16世紀の豊臣秀吉軍による朝鮮侵攻(日本では文禄・慶長の役、韓国では壬辰倭乱)とを混同しているためで、子供たちの間では「とにかくわが国に攻めてきたのは日本」という漠然とした考え方があるためと、同誌は解説している。

常々申し上げておりますがコリアンの「とにかくわが国に攻めてきたのは日本」という意識が無ければ超時空太閤HIDEYOSHIは生まれなかったわけで、超時空太閤HIDEYOSHIの起源は韓国であると言えます。本当にカムサハムニダ


関連:

【韓国の小学生が書いた】心温まる反日の絵『朝鮮|д゚)カンサツ日記』様)
posted by プエル at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。