2007年04月26日

TBS・井上弘社長「フェアプレーでいきましょう」

朝日もそうだがこの人達は謝るということを知らんのだな。

『通告と一緒に弾が来た』 TBS社長強い不信感 交渉の舞台裏“暴露”(東京新聞)
バッシング風の報道はおかしい TBS社長が“注文”

 「TBSをバッシング風に取り上げるのは、おかしいのではないか。あらためて記事の軽重について、ご判断いただきたい」。井上弘社長は二十五日の会見で、最近の同局に関する報道に“注文”をつけた。
 「朝ズバ〜」の不二家報道、「サンデー・ジャポン」の同一人物インタビュー、番組収録時の事故など、不祥事が相次いで発覚。井上社長は「言われるようなことをやるのが良くないが」としながらも、「フェアプレーでいきましょう」などと述べた。

何時の間にTBSが被害者になったんだろう('A`)y-~~~

「罵詈雑言=励ましの言葉」であると、日本語の持つ新しい可能性を僕らに教えてくれたのはTBSなのに!自分が率先して不二家に励ましの言葉をかけてたのに!それなのに自分がやられたらバッシング云々と騒ぐのはちょっとどころじゃなくおかしいんじゃないカシラ?

ていうか楽天バッシングをした直後に同じ口でそれを言うのか弘。
 井上社長は同年夏、再び三木谷社長に会った。楽天がTBS株取得の姿勢を強めることについて、「『当社としては株を持ってほしくない』と伝えたところ、三木谷さんはビジネストークとしては異常なほど感情が顔に表れた」。井上社長は直後に楽天がTBS株の取得を開始したことを知らされたが、「その時点で三木谷社長から直接連絡はなかった」。

そりゃ「株は公開してるけどお前は買うなコラ」なんて面と向かって圧力をかけられたらキレるわ。


関連:

【TBS捏造疑惑】 TBS社長ら「不二家報道、捏造というのはどうか」「みの氏の『不二家、廃業しろ』は励ましの言葉」『痛いニュース(ノ∀`)』様)
posted by プエル at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。