2007年03月28日

西山太吉さんが国を相手に損害賠償を請求するも棄却される

恥ずかしながら、さっき報道ステーションを見るまでこの事件のことを全然知らなかったヨ

西山事件で国への損賠請求棄却、「日米密約」触れず
 1971年に調印された沖縄返還協定を巡り、日米交渉の外交機密を外務省職員に漏えいさせたとして、国家公務員法違反の罪に問われ、有罪判決を受けた元毎日新聞記者・西山太吉さん(75)が、「不当な起訴で名誉を傷付けられた」などとして国に3300万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。

 加藤謙一裁判長は「起訴から20年以上が経過した後の提訴で、損害賠償請求権は消滅している」と、民法の時効の規定(除斥期間)を適用し、請求を棄却した。

 西山さんは控訴する方針。

 西山さんは1971年、「日本政府が米国に米軍基地の原状回復補償費400万ドルを肩代わりする」との「密約」を記した文書を外務省の女性職員から入手して報道したが、72年に同法違反で起訴され、78年に最高裁で懲役4月、執行猶予1年の有罪判決が確定した。

 西山さんは、2000年と02年に公開された米国の公文書から密約の存在が明らかになったと主張。判決では、密約の存在が認められるかが注目されたが、一切、言及されなかった。

 西山さんは、歴代外相らが「密約は存在しない」などとウソの発言をして名誉を傷つけられたとも主張したが、判決は「行政活動に関する一般的な発言だった」として退けた。

 西山さんは、「密約の存在など、主眼としたすべての点で言及を避け、肩すかしを食った」などと判決を批判した。


西山事件 - Wikipedia
1972年4月5日 毎日新聞は朝刊紙上、「国民の『知る権利』どうなる」との見出しで、取材活動の正当性を主張。政府批判のキャンペーンを展開。

1972年4月6日 毎日新聞側は西山が女性事務官との情交関係によって機密を入手したことを知る。しかしこの事実が公になることは無いと考え、「言論の自由」を掲げてキャンペーンを継続。

1972年4月15日 起訴状の「女性事務官をホテルに誘ってひそかに情を通じ、これを利用して」というくだりで、被告人両名の情交関係を世間が広く知るところとなる。ちなみに、この起訴状を書いたのは当時東京地検検事の佐藤道夫(現民主党参議院議員)であった。

毎日新聞は夕刊紙上で「道義的に遺憾な点があった」とし、病身の夫を持ちながらスキャンダルに巻き込まれた女性事務官にも謝罪したが、人妻との不倫によって情報を入手しながら「知る権利」による正当性を主張し続けたことに世間の非難を浴び、抗議の電話が殺到。社会的反響の大きさに慌てた毎日新聞は編集局長を解任、西山を休職処分とした。

上の読売新聞の記事でも報捨てでも西山氏がどうやって国家機密を入手したのかについてまったく触れていないんですが、35年前の騒動から何を学んだのか聞いてみたくなる('A`)y-~~~

報捨てを見てからすぐにぐぐって詳しい事情を知ったんですが、僕と同じことをした人は他にもいるんじゃなかろうか。今時「真実を追究する正義のジャーナリスト様が不当な扱いを受けてマース!国も司法も酷いデース!」なんて報道をそのまま信じる人は少ないんじゃないかナァ、なんてのは希望的観測ですか。


とりあえず国はさっさと機密文書があったことを認めて、テレビ朝日は「ジャーナリストの不倫は綺麗な不倫」くらい言えばいいのに。
posted by プエル at 00:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
復帰おめw
Posted by 小隊長 at 2007年03月28日 12:34
復帰おめw
Posted by 小隊長 at 2007年03月28日 12:36
ありがとうございまつ('ω')
今週は本社で社内ニートwwww
Posted by プエル at 2007年03月29日 03:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。