2010年09月02日

東亜板の鉄板ネタである「恐怖!日帝の呪いの鉄杭」伝説が全国区で放送される

あー飽きたわー。呪いの鉄杭ネタ俺が最初に飽きたわー。5年前ぐらい前に飽きたわー

韓国に残る「呪いの杭」伝説とは

 「日本帝国主義による強制占領の時期、日本人は我々民族の精気を抹殺し、我が国を永久に植民地とするため、この地に“鉄の杭”を打ち込んだ」

 「呪いの杭」伝説。「植民地時代、日本が朝鮮民族支配のため、風水をもとに杭を打ち込んだ」、韓国に今も存在する一種の都市伝説ですが、こうした杭の存在が、まじめに報じられたこともあります。

「日本人がここに鉄杭を打ち込んだのは、この土地に暮らしている人々の中から、立派な人物が生まれないようにするためだと言い伝えられています」(民族精気宣揚会・ソ・ユンハ会長)

 とはいえ、この「呪いの杭」伝説、韓国でも専門家の間では懐疑的な意見の方が多い。

 「測量のためだったこともあり得ます(セジョン大学・パク・ユハ教授)

 一方、パク教授は、この荒唐無稽とも言える話が今もって韓国に存在する背景を、こう分析しました。

 「実際の目的とは関係なしに(植民地時代)当時の人が感じた被害意識、あるいは抑圧意識が『杭』のような形で信じられるようになったと考えます」(セジョン大学・パク・ユハ教授)

 風水に基づいて建設された首都ソウルで、日本は占領時代、支配の象徴・朝鮮総督府をまるで杭を打つように王宮の中に建設しました。日本支配が風水に結びつけられる一因がここにあるのかもしれません。(02日18:11)


(´・ω・`)y-~~~ 「あり得ます」じゃねえよ

「韓国=日帝の被害者」というスタンスといい無理矢理すぎる締め方といい、文章だけ読むと韓国の新聞社のニュースのようだが配信元はMBS=TBS系列局であり、正しくは半分くらい韓国のTV局のニュースです。

個人的にはこういう土人的な信仰が今も根付いている背景には「呪いの鉄杭=測量用の杭」ということになると「朝鮮半島の測量をしたのは日本人=日本統治時代以前の朝鮮人には測量技術が無かった」ことになるからだと思うのですが。オカルトなんて大嫌い!で素晴らしい絶対領域を持つ美少女学園長が真相を解明してくれることを祈りますヨ


それにしても、もう使い古されたネタとはいえ俺たちの密やかなお楽しみを全国区で放送しないでくれませんかねェ…何なの、このお気に入りの深夜アニメの映像がゴールデンタイムに流れたときのような気恥ずかしさ
posted by プエル at 21:34| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更新お疲れ様です。
私はよくKJCLUBやゲソムンを見たりするのですが、
あそこらへんにいる朝鮮人は呪いの杭を信じている土人ばかりですね。
ただDCなどにいる朝鮮人はレベルが高いらしく、こんな話しを信じていない
奴も多いですよ。
ただ救いなのが、DCに居る朝鮮人が少数派にすぎない事ですね。
こういった話を信じている朝鮮人が多数派を占めているから、
冷静で優秀な朝鮮人が増えずに済んでいるので、
悪辣な日本人としては、ほっとしてますw
Posted by ryu at 2010年09月06日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161348851

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。