2006年03月29日

ギター侍が路線変更

芸風変えるつもりか。

日本と韓国 『波田陽区 Blog』
俺達日本人が教科書で教えられた歴史と韓国人が教えられた歴史は大きく違う。
俺達は悲しいかな都合のいい歴史しか知らない。
韓国人だけは知っていて俺たちだけ知らない暗い過去はたくさんある。

明らかに両国間の国民の意識には大きく温度差がある。
互いに言い分やプライドがあるのもわかっている。でもこのままでいいわけがない。
それは誰もわかっていることだ。

俺が生まれ育った下関という町は、韓国に最も近い地域の一つだ。
だから地元下関にはたくさんの韓国人が暮らしている。
俺は小さな頃から韓国人の友人もいっぱいいたし、今でも変わらず付き合いはある。
俺と彼らには全く壁はない。
友人に日本も韓国も関係ない。
俺は彼らとよく一緒に遊んだ。時には日本対韓国のサッカーの試合も一緒に観た。
それぞれが自国を応援し、それぞれが自国の結果に一喜一憂した。
そして試合が終われば、メシを食いながら敬意を払いながら文句を言い合いながら語り明かした。
それが俺には当たり前であり普通であった。
でも彼らが日本で味わった辛い経験もたくさん教えてもらった。
俺はひどく胸が痛かったのと同時に全く無知な自分に絶望した。
そして俺は教科書には載っていなかった歴史を勉強した。
そこで見た歴史は壮絶なものだった。


今ある日本と韓国の問題が現実にはすぐに解決しないかもしれない。
しかし少しずつでも互いに理解し合い、敵ではなくお隣同士、
良きライバルとして切磋琢磨できる関係でいたい。
だって日本人も韓国人も皆、この世で暮らす同じ人間なんだから。

ザンネーン('A`)y-~~~

この路線で笑いをとるつもりならちゃんと「壮絶な歴史」を具体的且つ熱く激しく軽やかに書かなきゃ駄目じゃないかギターサウラビ!!!
まぁ、書いたら書いたで失笑されるわけですが。


ヨン様切りも今は昔って感じで色んな意味で残念だワァ
posted by プエル at 20:42| Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国・朝鮮のバックボーンと言われる「恨(ハン)」の精神を知れば、しょせんはこんな「自己チューな駄々っ子の心理」を正当化しようとする人達とは、日本人としては一線を画すしかない、という思いに囚われるだけだと思うんですけどねぇ…。
Posted by guldeen at 2006年03月29日 22:34
> 日本人としては一線を画すしかない

自分もそう思うんですけどねぇ…何故か波田さんのように考えてしまう人が多い不思議(´・ω・`)
Posted by プエル at 2006年03月30日 01:15
恐らく寒流ブームに乗り在日からの人気を取り入れて
起死回生を計ろうとしたんだろうけど
その代償で日本人からの人気が離れていくのに
気づいてないのかな ないんだろうな
Posted by hmm at 2006年03月30日 08:59
最初から面白いとは思ってなかったし、消えてくれてもかまわんな。だいたい、似合いもしない着流しで「侍」とは片腹痛いわw
Posted by 隊長 at 2006年03月30日 09:14
>韓国人だけは知っていて俺たちだけ知らない暗い過去はたくさんある。
 確かに世界で韓国人しか知らない「事実」はたくさんありそうですね。
Posted by ゲッピー at 2006年03月30日 18:45
一発屋芸人はいつだって香ばしい・・
Posted by aisurukokoro at 2006年03月31日 07:25
芸人ってだけで偏見とかあんだろーな
別にネタにするような事でもないと思うんだが。。
Posted by   at 2006年04月03日 22:13
具体的に(・∀・)
Posted by プエル at 2006年04月03日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15717699

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。