2010年06月30日

田嶋てんてー「女性専用車両やレディースデーに文句を言うな!集団レイプと同じですよ!」

相変わらずで安心しました。

「男差別」に田嶋女史が反論!男性差別論者は恥を知りなさい
 −−しかし、部分的には男性に不利な状況があるようです。例えば雇用において、事務職の女性優先雇用、要職への女性優先登用があるなど。

 優秀な女性たちが、企業や国の男社会に冷遇されてきた歴史のほうが長い。男女バランスが適正になるまではクオータ制を適用し、女に法的なゲタをはかせることも必要。そうすれば、早く男女平等が実現します。ノルウエーでは近年、民間企業も取締役の4割を女性にと定め、違反した企業には厳しい罰則もある。日本では国や地方公共団体でさえそれができていない。日本の企業も社員に理解を求めて積極的にそれをすべき。

 そして男は重労働、女は事務職という風潮は、古い男女教育の延長線上にできたと考えられます。一般的に、男の子はヤンチャをしてもいいが、女の子はお転婆をするなとしつけられる。そういう教育をやめるべきです。



【女性専用サービスはあって当然のこと!】

−−女性専用車両や女性限定割引などへ不満の声がありますが。

 女性専用車両ができる原因をつくったのは男じゃないですか。四の五の言う前に、同じ男として痴漢撲滅に取り組むべきですよ。「レディースデー」なども、女性の収入の少なさを逆手に取られたもの。本来なら憐れむべき事態なのに、逆に文句を言うとは実に残酷な発想。集団レイプと同じですよ。男気がない、恥を知りなさい!

 
要約



(´・ω・`)y-~~~ 不条理と矛盾と報復の連鎖の肯定に満ちた、戦争を煽ってるかのような文章だな

女性にも俺達で言うところの「※ただしイケメンに限る」の法則がある事、俺達も田嶋てんてーもただイケの法則から外れている事を考えると「別に何言っても良いんじゃね?声がでかく見えるだけで誰も聞いてないし」と思ってしまうのはこの人に慣れてしまったからだろうか。
芸人としては逸材なんだから、どうせならそっち方面で活躍して頂きたいが。


三宅爺とのコンビ芸は年季を感じるよね



関連:
【話題】「同僚のOLが許せない。女性というだけで残業も断って、定時に帰って」 女性優遇社会にマジギレする男たち「ヌレイヌ」様)
posted by プエル at 22:59| Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
流石田嶋先生ブレないですね!大嫌いですけど
声がでかく見える一部の人達が集まると変な法律も出来ちゃうので怖いんですけどね
Posted by at 2010年07月01日 23:59
なんだガッカリした。
この人が頓珍漢な発言をすることは知っているが、
性差別の問題については専門家だと認識していた。

だから女を持ち上げすぎる行為には
むしろ反対すると思っていたのに。

結局男女平等を目指すフリして
女の権利拡大を狙っているだけの輩かよ。
Posted by at 2010年07月02日 01:03
差別どうこう言ってるのに、最後の「男気が無い」にワロタ
Posted by at 2010年07月02日 01:53
「一般的に、男の子はヤンチャをしてもいいが、女の子はお転婆をするなとしつけられる。そういう教育をやめるべきです。」
「男気がない」

どっちなんだよ・・・・
Posted by at 2010年07月02日 07:04
*2
以前番組で男だったら、女を奴隷のようにこき使うって発言してたからな。

そうとう歪んでるよこの人
Posted by at 2010年07月02日 07:04
皆様コメントありがとうございます。


個人的に田嶋てんてーは政治的に終わってる人だと思うので、タレントもしくは芸人として生ぬるい目で見るのが精神衛生上良いと思うですよ(´・ω・`)y-~~~
Posted by プエル at 2010年07月02日 21:23
断言するが根拠は言わない
不釣り合いにショッキングな言葉で黙らせる
それでも反論するとxxを肯定するのか?と話をすり替える

人権ゴロは汚いよね
Posted by at 2010年07月02日 21:26
> 戦争を煽ってるかのような文章だな(´・ω・`)
アーソウダネー

しかし「女性限定割引は女の収入の低さを逆手に取ってる」ってのはちがうだろ。むしろ、女はあまり独りで行動しない(連れといっしょに来てくれる)という読み。まあいずれにしても女の生きにくさを反映しているとは言える。

Posted by at 2010年07月03日 03:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154986562

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。