2006年03月03日

元従軍慰安婦「日本人は、私たちが死ぬのを待っているんじゃないか」

間違い探しみたいなもんだな。

「従軍慰安婦」が朝鮮人業者によるものだったということを朝日新聞が認めるも、反省の色無し『mumurブルログ』様)

韓国 元慰安婦たち、静かに寄り添って
「やっと平穏な生活を手に入れることができた」。李玉善(イ・オクソン)さん(78)はオンドルのついた8畳ほどの個室で編み物をしていた。「家」に来たのは6年前。戦後55年間、連行先の中国で暮らしていたという。

(中略)

 「慰安婦を認めようとしない日本人は、私たちが死ぬのを待っているんじゃないか」。李さんの言葉は、取材する私の胸に突き刺さった。

ぶっちゃけ「いなくなれ」とは思っているけど死んでもらっては困るんだよね。

だってこの人達が証言すればするほどボロが出てきて面白いから。ネットで過去にどんな証言をしたか簡単に調べることができるので以前と違うことを言ったらすぐに突っ込めるから。
 李さんの隣の部屋で暮らす金君子(キム・グンジャ)さん(79)。「私は天涯孤独。この世に生きて、何も残すものがない」と、硬い表情で天井を見つめた。

 幼い時に両親が死んで養女に。17歳の時、家に朝鮮人2人が来た。「工場で働かせてあげる」。列車で連行されたのが旧ソ連国境近くの中国・琿春。慰安所だった。

「日本人に連れて行かれたのではない、朝鮮人に連れて行かれたんだ」と証言してくれるなんて素敵です、キムさん。この調子でお願いします。


ゆでたまごのマンガのようにキャラ設定をコロコロ変えて生きてきた人達には色々と厳しい世の中になりましたが、皆さん長生きしてくださいネ☆(ゝω・)vキャピ


関連:

韓国人「慰安婦」の証言1【李玉善】『棒太郎の保管庫』様)

戦後60年 〜戦禍の記憶〜
元従軍慰安婦、金君子(キムグンジャ)さん(79)。社会福祉法人が韓国京畿道広州市で運営する「ナヌム(分かち合い)の家」で、ほかの十人の元慰安婦のハルモニ(おばあさん)たちとともに暮らしている。

■1日30人を相手

 幼いとき両親をなくした金さんは、六十数年前、日本植民地時代の韓国江原道で、養女に出された。ある日、養父から「お使いに行っておくれ」と言われて、汽車に乗せられた。


posted by プエル at 11:14| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国・大邱在住の李容洙(イ・ヨンス)さん
の証言の矛盾

CNN:
http://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/03/03/japan.sexslaves.ap/
Lee Yong-soo, 78, a South Korean who was interviewed during a recent trip to Tokyo,
said she was 14 when Japanese soldiers took her from her home in 1944 to work
as a sex slave in Taiwan.
Lee Yong-soo(78歳韓国)は東京でのインタビューで、
彼女は1944年、14才のとき日本の兵隊に家から連れ出され、台湾で性奴隷として働かされた、
と述べました。

U.S. House of Representatives: Statement of Lee Yong-soo
http://www.internationalrelations.house.gov/110/lee021507.htm
In the autumn of 1944, when I was 16 years old, my friend, Kim Punsun, and I were
collecting shellfish at the riverside when we noticed an elderly man and a Japanese man
looking down at us form the hillside......
A few days later, Punsun knocked on my window early in the morning,
and whispered to me to follow her quietly. I tip-toed out of the house after her.
1944年の秋、私は16歳で、友達のキムプスンと私が川のそばでエビを捕っていたとき、
年老いた男と日本人が丘の方から私たちを見てるのに気づきました。…(中略)…
数日後の早朝、プスンは私の部屋の窓をノックして、静かに私の後についてくるようにとささやきました。
私はこっそりと家を出て、彼女について行きました。

年齢も14と16で違うし、どこが家から連れ出されたんや?
欧米向けに拡散してくれ。
Posted by もも at 2007年03月04日 02:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

朝日新聞が責任回避を目論んで主張をシフト?
Excerpt: 朝日新聞韓国 元慰安婦たち、静かに寄り添って
Weblog: このブログには嘘が書いてあるかもしれません。
Tracked: 2006-03-03 12:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。