2008年06月21日

緑豆「結果として法を犯すこともあるのは世界のNGO活動のスタンダード」

お久しぶりなんだよ。

鯨肉持ち出しを事後承認 「犯罪防ぐ緊急性あった」
 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」のメンバー2人が窃盗容疑などで逮捕された事件で、不当逮捕と抗議している同団体の星川淳事務局長は21日、東京都内で記者会見し、鯨肉を持ち出した行為について「事前に相談はなかったが、(業務上横領の)証拠になると判断し事後に承認した」と述べた。

 団体側は、調査捕鯨船の乗組員による鯨肉横領を告発するためだったとしており、星川事務局長は「政府や大企業の犯罪行為を防ぐ緊急性がある場合、結果として法を犯すこともあるのは世界のNGO活動のスタンダード」と指摘。メンバーの行為に問題がなかったと主張した。


グリーンピース:鯨肉持ち去りは現場判断、逮捕不当…会見 - 毎日jp(毎日新聞)
 国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)のメンバー2人が調査捕鯨船「日新丸」の鯨肉を持ち去ったとして窃盗容疑で逮捕された事件で、GPの星川淳事務局長らは21日、東京都新宿区のGP本部事務所で会見し、「現場の判断だった。事後承諾はした」と説明した。

 星川事務局長は「(持ち去りが)正しい唯一の方法とは思わないが、組織的な闇を際だたせるにはこの方法がよかった」と主張。そのうえで「逃亡や証拠隠滅の恐れはなく、逮捕は不当。強く抗議し釈放を求める」と改めて訴えた。



('A`)y-~~~ スタンダードな極左団体の主張だと思う

「自分達は法を犯しているが、自分達は(自分達の)正義のためにやっているので自分達を逮捕するのは不当」とは、「目的は手段を正当化する」と本気で思っていそうだなぁ。正義のためにやってる割には実行犯の尻尾切りをしてますが。

真面目に活動しているNGO団体はこの発言について怒ってもいいと思うのですけど、自分とこに窃盗犯やテロリストがやってくる危険性を考えたら関わり合いにならないようにするのが一番賢いのかも知れませんね。



さて、長かったタコ部屋勤務もようやく終わりに近づいてきました。ここ数ヶ月でC言語、C++、VC++、VB、VB.NET、C#、ASP.NET、JavaScriptと色々な言語を駆使して色々なモノを作ってたわけですが最近になって「次フェイズでは全部Javaで作り直すかも」と言われたときにはグループ全員の魂が共鳴したね。デスサイズ的な意味で。

来月からは秋葉原勤務になるます。そのうちTVカメラの隙を突いて献花しに行くかもしれません。
posted by プエル at 15:16| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。