2007年08月06日

朝日新聞「日本の国民は、久間氏の発言を一方的に非難ばかりできるのだろうか」

一粒で三度美味しい。

原爆の日―「しょうがない」の罪深さ(8/6朝日新聞社説)
国内では麻生外相らが核保有の議論をすべきだと説く。そこへ、久間発言である。核兵器への抵抗感が、政治家の間で薄れているのではないか。そんな不安にかられたのは被爆者だけではない。

 だが、果たして日本の国民は、久間氏の発言を一方的に非難ばかりできるのだろうか。そんな自問もしてみたい。

 日本はかつてアジアの国々を侵略し、米国に無謀な戦争を仕掛けた。しかも、無数の人命を犠牲にして、負け戦をずるずると引き延ばした。その揚げ句に落とされた原爆なのだ。

 一方、戦後の日本はといえば、圧倒的な軍事力を持つ米国と安保条約を結び、「核の傘」に頼ってきた。それでいて、「非核」を訴えるという居心地の悪さもある。

 そうした事実を直視し、考えるきっかけにしなければいけないのではないか。

 問題は、だからしょうがないではなく、世界に同じ悲劇が起きないように、日本が何を訴えていくかだ。過去の歴史を反省し、アジアの国々と手を携える必要があるのはいうまでもない。


発言直後は一部を切り取って報道して非難しまくり、参院選時には失言問題として煽り、原爆の日には社説で歴史認識と絡めて日本叩きに使う。まさにリデュース・リユース・リサイクルだな('A`)y-~~~


自分には「その揚げ句に落とされた原爆なのだ。」の部分は意味的に「しょうがない」発言と同じに見えるんですが、こんな突っ込みどころを残してしまうだなんて変幻自在の日本叩きを得意とする朝日新聞らしくないナァ

あぁ、でも久間氏を辞任に追い込むために「しょうがない」発言を煽りまくったけれど、大戦時の事は全て日本が悪かったことにしたい朝日新聞としてはこういう書き方をする以外に無いのか。



あえて言おう、夏であると。
posted by プエル at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。