2007年08月04日

【11人 VS 15人】北京五輪のプレ大会、U-22で中国が日本と引き分ける

ハイパーチャイナタイム




YouTube - U-22・4カ国対抗戦 日本 X 中国


敵は15人だった!反町ジャパン、完全アウエーも耐えてドロー
 「難しい環境のなか、よく戦った。私もサッカーをやって三十何年たつが、こんなレフェリーでサッカーをやったのは初めて。大会全体に“?”がつくような大会。あきれている。これは大会組織委員会のせいだ」

 反町監督は憤りを隠さなかった。予定通り主審、副審2人、第4審判とすべて中国人。スタッフによると大会前の会議で抗議したところ、中国審判団責任者が「我々はFIFAの審判。安心しろ」といわれたが、やはり、痛烈な“洗礼”を受けた。

 日本が普通の当たりでボールを奪ってもすぐにファウルの笛が吹かれ、接触さえ許されない。反対に中国のサッカーとは思えないハードなタックルが流された。スタッフは「副審が大声で中国国歌を歌っていた。これじゃ、ダメだと思った」と明かす。


サッカー日中戦で中国人観客が騒動、紙コップ投げつけ罵声
 【瀋陽=牧野田亨】中国遼寧省の瀋陽で1年後の北京五輪のプレ大会として3日夜行われた男子サッカーのU―22(22歳以下)代表による日本対中国の試合終了後、中国人観客が日本人観客の一部に紙コップを投げつけ、集団で罵声(ばせい)を浴びせる騒ぎが起きた。

 けが人は出なかったが、日本人観客が一時、場外に出られず、スタンドで待機した。

 会場の瀋陽五輪体育場に集まった中国人観客は5万人。日本人観客は約100人で、うち9人がゴール裏手で日の丸を掲げて応援していたが、試合終了と同時に9人に紙コップが次々と投げつけられた。さらに、スタンドからの出口通路に100人以上の中国人が殺到、中国国旗を振り回しながら、「小日本(日本に対する蔑称(べっしょう))」などと叫んだ。9人は公安当局の車でホテルに送られた。


「小日本」と言われても普通の日本人は何も感じないというか何と言われているのか分からないんじゃないかと思うんですが、それでも自国語で「小日本」と叫ばずにいられない支那人の俺様主義というか土人根性は異常('A`)y-~~~

北京オリンピックでは今作よりパワーアップしたハイパーチャイナタイム リローデットが公開予定なわけだけど、プレ大会でこれだと北京オリンピックで日本が勝利した日には鉛玉と爆竹が飛び交っても不思議じゃない。
しかし中国が勝ったら勝ったで興奮した中国人サポーターが大暴れする感も否めないわけで、まさに勝つも地獄、負けるも地獄。


下手すりゃ公開処刑一歩手前の環境でがんばったU-22日本代表の皆さん&日本人サポーターの皆さんにお疲れ様と言いたいです
posted by プエル at 13:50| Comment(3) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。