2007年05月29日

独女通信でジャニオタ芸人さんが自虐語り

後半部分はテンプレ化できそうだナァ

【独女通信】松本美香さんに聞く「なぜ独女はジャニーズにハマるのか?」(前編)
「世間様的には『30過ぎて結婚もせずにジャニーズのファンやってます』ってだけで女性としてどころか人として最下層なイメージでしょう。ニッコリ会釈。百も承知でございますわよ」「特に男性からは『自分のツラを棚に上げ、男を顔だけで判断するけしからんメス豚』と思われていることでしょう。(中略)『あんな若いイケメンと付き合いたいと思ってんのか、エエ年こいて夢見がちなババァって激キモいわ!』なんてね」

これは松本さんの著書で綴られている激白の一部である。確かに自ら分析するような蔑んだ目で見る人は多いのかもしれない。

しかし松本さんはこう反論するのだ。「私のような『そこそこ(どころか結構)年いってまっせ』なジャニヲタの願望や目的は、彼らと付き合いたいとか結婚したいとかそういうんじゃない。とにかく『見たい』のよ!この年になったらね、ジャニーズを見るのは名画などの芸術を鑑賞するのと同じ感覚」「ワシに言わせりゃジャニーズなんてなあ、あんなもん男のようで男じゃない!」

( 'A`)y-~~~ ワシに言わせりゃ水銀燈なんてなあ、あんなもん薔薇乙女のようで薔薇乙女じゃない




(*'A`)y-~~~ ジャンクなところも銀ちゃんの魅力ですヨネ



以前、モーヲタな男友達と「モーヲタなお前とアニオタな俺、どっちがキモいか」について酒呑みながら話したことがあるんですが1時間近く話しても結論が出ませんでした。湧き上がる同類嫌悪の感情に乗せて色々と暴言を吐いてお互いの地雷を踏みまくった記憶があるんですが反省はしていない。

でもジャニオタさんには、例え友人であっても、そういう話を振る気が起きない。だって怖い。

「ジャニオタ」でぐぐった先に出てくる怨念渦巻くインターネットを見てしまった自分としては地雷を踏んだが最後、すごい勢いで言葉のガンドを撃ちこまれて去勢されそうな気がしてならない。


ピザキモオタな僕は去勢されたくないので不戦敗でいいです。
posted by プエル at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。