2007年01月29日

2007年1月のネタ&ニュース

2月は一回も更新できなかった(´・ω・`)
続きを読む
posted by プエル at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

ナチスドイツ最強伝説

運転手・通信手・技術者その他すべてをひっくるめて1000人程度の部隊なのに220万人の武装ゲリラを殺したアインザッツグルッペンを組織し、
皮膚に触れただけでも危険な青酸ガスで充満したガス室をドアの開けただけの適当な換気でそのまま中で死体を運び出す作業をするほど超人的な肉体を持ち、
数万の死体が埋められている大量埋葬地を数週間で跡形もなく取り除くほどの早業を可能にし、
血を吹き上げる大量埋葬地、盛り上がって爆発する大量埋葬地の建設、
特別な平手打ち機の製作、
すぐに蒸発してしまう液体青酸をコップに入れて飲ませるようなその場の人間が危険になるだけのような意味不明なことをしたり、
自白を強要するために木製の弾丸を使った拷問をしたり、
ラジオを聴きながらペダルでこぐ頭脳破壊機を使って人々の頭を打ち砕いたりするほどほど暇で、
高圧電気を使った地下の広い部屋での大量殺戮や電気式コンベア・ベルトによる処刑をするほど電力が豊富で、
愛国的な歌、共産主義的な歌を犠牲者が歌うのを防ぐために彼らの口にセメントを詰め込むほどセメントが豊富で、
毒殺死体にたっぷりとガソリンをまいて骨が残らないほど徹底的に燃やすほど石油資源に余裕があり、
チフスのワクチンがないので死刑囚相手にワクチンの人体実験を繰り返さねばならない医学レベルなのに、原子爆弾を使って20000人のユダヤ人をトワイライト・ゾーンに吹き飛したり、
真空室、熱い蒸気、塩素ガスでの殺害をするほどSF的な技術を持ち、
その技術は「死体は水分を吸った方が燃え易い」「酸素のない深さ数メートルの穴の底でも燃焼する」など数々の物理法則を完全に捻じ曲げ、
600万のユダヤ人を毒ガスで殺したはずなのに検死しても1体も毒殺の死体が発見されないほど死体処理が完璧で、
命令書はおろか盗聴したオフレコの秘密通信にさえまったく記録に残らない大量虐殺計画を実行できるほど意思疎通が完璧なナチス・ドイツが敗戦したことは歴史上最大のミステリー。




↓のスレで発見しました。

【国連】 国連総会、ナチス大虐殺の歴史事実を否定を非難…潘事務総長「歴史事実の否定は受け入れない」 [01/27]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169893158/
1 名前:薔薇おばはんφ ★[sage] 投稿日:2007/01/27(土) 19:19:18 ID:??? ?BRZ(5800)

 第61回国連総会は26日、決議を採択し、ナチス大虐殺の歴史事実を否定する全てのやり方を非難しています。

 アメリカが提案したこの決議について、イランのほか、他の国連加盟国はいずれも支持しました。決議は、全ての加盟国がナチス大虐殺を完全に或いは部分的にでも否定するいかなるやり方をも拒否するよう要求しています。

 国連のパン・ギムン事務総長はこの決議に歓迎の意を表し、「歴史事実を否定するいかなる行為も受け入れないものだ」と改めて強調しました。

ソース:CRI
ttp://japanese.cri.cn/151/2007/01/27/1@84923.htm


 「南京大虐殺は事実です。動かぬ証拠があります」
 「ではそれを持ってきて見せてください」
 「動かぬ証拠なので持ってこれません」


(´・ω・`) という小噺を最近聞いたのですよ。だからどうだとは言いませんけど


個人的にはそんな風に思ってるんですけどドイツを含む欧州の一部ではホロコーストに対して否定的な発言をすると逮捕されてしまうそうな。
当事国の人間が「それ違うんじゃね?」と声をあげなきゃ事実の検証をしていこうという流れが本流になることはないんじゃないかと思うのですが、法律で縛られてる以上それも難しいのだろうナァ

「『歴史事実の否定』を許さない」のは別に良いんだが『歴史事実(とされているもの)の検証』まで許されなくなるような気がして切ないヨ。


それにしてもパン氏がこの決議を元にしてどういう歴史事実をクリエイトするつもりなのか手に取るように分かるから困る。



関連:

逆転ニュルンベルグ裁判!『maaと愉快な仲間たち』様)

日本軍最強伝説 8/15改訂版

カチンの森 - Google 検索

「慰安婦記念館建設を」 元慰安婦の70代女性が主張
 潘基文(パン・ギムン)外交通商部長官は「政府の責任を大きく感じ、戦争時に性的奴隷行為を強制したのは国際法に反する重大な不法行為」とし、「今でも日本政府に責任があると考え、過去を直視しこれを基に日本と未来志向的な関係を築いていきたい」と述べた。

潘基文長官、韓米同盟の課題について米紙に寄稿
【ワシントン21日聯合】外交通商部の潘基文(パン・ギムン)長官は21日、米紙フィラデルフィア・インクワイアラーに寄稿し、「南北戦争後に米国が経験した社会や政治的な治癒の歴史は韓国人に重要な教訓となっている。朝鮮半島でもいつかは同じ結果が得られることを望んでいる」との考えを示した。

(中略)

 北朝鮮の核やミサイル問題にも触れ、平和解決が依然として挑戦として残っているが、韓国は北朝鮮と5000年間同じ文化を共有しており北朝鮮による脅威の本質を理解しているため、南北の和解と朝鮮半島の恒久的な平和を勧める現実的なビジョンを持っているとの見方を示した。
posted by プエル at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。